サイトトップ > 歩道橋の設計ガイドライン 構造工学シリーズ 21

FAXでのご注文をご希望の方、買い物かごの明細をプリントアウトしご利用いただけます。⇒ フローを見る

歩道橋の設計ガイドライン 構造工学シリーズ 21

歩道橋の設計ガイドライン 構造工学シリーズ 21

著 者  :土木学会

発行(売)元:土木学会

価 格  :4,400円(4,000円+税)

コード  :978-4-8106-0714-7

発行年月 :2011年01月

判 型  :その他

頁 数  :324

基本配送手数料390円(沖縄県及び島しょ部等は除く)※会員の方はインターネット注文に限り配送手数料無料。

主な内容

本書は、fib (国際コンクリート連合) の国際作業パーティにより2005年12月に出版された原本“Guidelines for the design of footbridges”の記述の翻訳をベースに、日本語版として、我が国特有の交通事情・生活環境・気候風土等を考慮した特記事項や、新たな動向、新しい情報・データ等に関する記述を追補として加えたものです。 本ガイドラインでは、鋼、コンクリートをはじめ、あらゆる材料を用いて、~誰もが世界のどこでも優れた歩道橋を設計できるように~ することを目指して、世界各国のコードにおける各種規定の比較も行っています。また、「振動使用性」に関しては、欧州において大きな変革があったことを受けて、fibより要請があり、ほぼ全面的に最新の内容の記述に改めました。さらに、「アセットマネジメント」および「新素材の適用」に関する記述は、原本にはない全く新たなものであり、「事例研究」では、原本の世界の橋33橋に日本の橋31橋を追加しています。 本書が歩道橋設計の具体的な指針となって、日本の設計者の誰もが、優れたデザインの歩道橋を設計できるようになることを期待しています。PU

この本を購入した人は下記の本も購入しています


当サイトは、グローバルサインにより認証されています。
お客様が入力される情報はSSLにより暗号化されて送信されますので、第三者にこれらの個人情報を読み取られることはありません。

グローバルサインのシールをクリックしていただくことにより、サーバ証明書の検証も確認できます。