サイトトップ > 令和元年版 橋梁架設工事の積算 

FAXでのご注文をご希望の方、買い物かごの明細をプリントアウトしご利用いただけます。⇒ フローを見る

令和元年版 橋梁架設工事の積算 

令和元年版 橋梁架設工事の積算 

著 者  :日本建設機械施工協会 編

発行(売)元:日本建設機械施工協会

価 格  :11,000円(10,000円+税)

コード  :00071352

発行年月 :2019年05月

判 型  :A4判

※絶版・販売終了のため購入できません。

基本配送手数料390円(沖縄県及び島しょ部等は除く)※会員の方は配送手数料無料。

主な内容

汚損本の手配も出来なくなりました為、当社からの販売は終了いたしました。



【主な目次】
第1章 積算の体系
 1.1 請負工事の構成
第2章 鋼橋編
 2.1 仮設の概要
 2.2 積算の概要
 2.3 架設機械と複合損料
 2.4 仮設工法別作業手順
 2.5 積算要領
 2.6 橋梁塗装工
 2.7 部材切断工・手溶接及び現場溶接部検査費
 2.8 鋼橋床版工
 2.9 鋼橋架設費の積算例
 2.10 橋梁床版費の積算例
第3章 PC橋編
 3.1 架設の概要
 3.2 架設工法の種類
 3.3 架設工法の選定
 3.4 架設機械と複合損料
 3.5 架設工法別作業手順
 3.6 積算要領
 3.7 積算例
第4章 橋梁補修
 4.1 補修の概要
 4.2 補修用足場工
 4.3 支承取替工
 4.4 高力ボルト取替工
 4.5 桁補強工
 4.6 床版取替工
 4.7 落橋防止システム工
 4.8 ノージョイント工法(主桁連結工法)
 4.9 裏面吸音板設置工
 4.10 鋼製橋脚補修工事
 4.11 伸縮装置(鋼製)取替工
 4.12 橋梁地覆補修工
 4.13 床版補強工
 4.14 橋梁補強工(鋼板巻立て)(1)
 4.15 橋梁補強工(鋼板巻立て)(2)
 4.16 橋梁補強工 コンクリート巻立て
 4.17 座屈拘束ブレース設置工
 4.18 外ケーブル補強工
 4.19 疲労き裂の補修
 4.20 鋼橋塗替え塗装に伴う素地調整工(ブラスト工法)
 4.21 鋼橋塗替え塗装に伴う塗膜除去工(湿式塗膜剥離剤工法)
 4.22 検査路撤去・再設置工
 4.23 構造物補修工 断面修復工(左官工法)
 4.24 構造物補修工 ひび割れ補修工(充てん工法)
 4.25 構造物補修工 ひび割れ補修工(低圧注入工法)
 4.26 構造物補修工 表面被覆工(塗装工法)
 4.27 積算例
第5章 橋梁架設用仮設備機械等損料算定表

この本を購入した人は下記の本も購入しています


当サイトは、グローバルサインにより認証されています。
お客様が入力される情報はSSLにより暗号化されて送信されますので、第三者にこれらの個人情報を読み取られることはありません。

グローバルサインのシールをクリックしていただくことにより、サーバ証明書の検証も確認できます。