サイトトップ > 第4回改訂版 補強土(テールアルメ)壁工法設計・施工マニュアル

FAXでのご注文をご希望の方、買い物かごの明細をプリントアウトしご利用いただけます。⇒ フローを見る

第4回改訂版 補強土(テールアルメ)壁工法設計・施工マニュアル

第4回改訂版 補強土(テールアルメ)壁工法設計・施工マニュアル

著 者  :補強土(テールアルメ)壁工法設計・施工マニュアル作成委員会

発行(売)元:土木研究センター

価 格  :5,400円(5,000円+税)

コード  :00075504

発行年月 :2014年08月

判 型  :A5判

頁 数  :477

【在庫あり。2営業日以内に発送】

基本配送手数料390円(沖縄県及び島しょ部等は除く)※会員の方は配送手数料無料。

主な内容

「補強土(テールアルメ)壁工法 設計・施工マニュアル」は、補強土(テールアルメ)壁工法の計画、調査、設計施工及び維持管理の基本的な考え方や技術的な事項を示すマニュアルとして、1982年(昭和57年)に初版を土木研究センターより発刊いたしました。その後、平成2年に改訂版、平成11年に第2回改訂版、平成15年に第3回改訂版を発行し、これまで多くの技術者によって実務に活用されております。 今般、道路土工―擁壁工指針(日本道路協会発行)が改訂されたことに伴い、その改訂版に適合させ、性能設計の枠組みを取り入れた新たなマニュアル(第4回改訂版)を発行いたしました。 今回の改訂では、性能規定型設計の導入に向けた基本的な考え方の記載や、同指針に沿った設計・施工の考え方を取り入れるとともに、地震や豪雨等の被災事例を踏まえ防災性の向上を図るため、排水工や基礎工、施工管理や維持補修に係わる内容の記載を充実させました。第1章 総 説1.1 適用の範囲1.2 適用にあたっての基本1.3 用語の定義1.4 補強土(テールアルメ)壁の概要 第2章 目的と構造2.1 補強土(テールアルメ)壁の目的2.2 補強土(テールアルメ)壁の適用の基本2.3 補強土(テールアルメ)壁の詳細構造と使用材料第3章 計画・調査3.1 計画3.2 調査第4章 設計に当たっての一般事項4.1 基本方針4.2 設計に用いる荷重4.3 土・地盤の設計諸定数4.4 部材の許容応力度および安全率第5章 設 計5.1 設計の概説5.2 部材の安全性及び補強土(テールアルメ)壁 の安定性の検討5.3 耐久性5.4 基礎の検討5.5 排水工5.6 構造細目及び付帯する構造5.7 各種テールアルメの設計検討 第6章 施 工6.1 施工一般6.2 施工方法6.3 施工管理6.4 安全管理第7章 維持管理7.1 維持管理の基本7.2 記録の保存7.3 点検及び保守7.4 応急危険度判定7.5 補修及び補強対策20141128ti

この本を購入した人は下記の本も購入しています


当サイトは、グローバルサインにより認証されています。
お客様が入力される情報はSSLにより暗号化されて送信されますので、第三者にこれらの個人情報を読み取られることはありません。

グローバルサインのシールをクリックしていただくことにより、サーバ証明書の検証も確認できます。