サイトトップ > 災害査定の手引き(令和3年8月)

FAXでのご注文をご希望の方、買い物かごの明細をプリントアウトしご利用いただけます。⇒ フローを見る

災害査定の手引き(令和3年8月)

災害査定の手引き(令和3年8月)

発行(売)元:全国防災協会

価 格  :2,950円(2,682円+税)

コード  :000225053

発行年月 :2021年08月

発売予定日:2021年09月06日

判 型  :A5判

【在庫あり】

基本配送手数料390円(沖縄県及び島しょ部等は除く)※インターネット書店「会員」の方も390円頂きます。

主な内容

【概 要】
・毎年、全国の公共土木施設の災害は、1万箇所から2万箇所をこえ、復旧に要する費用は莫大な額になり、被災自治体は災害復旧事業の申請を行い、査定を受けて採択され工事が実施されています。
・災害が発生し、国庫負担申請をするにあたり、申請者の視点で作成された「災害手帳」と査定官(検査官)の視点で作成された「災害査定の手引き」の両方の視点を踏まえることが重要になります。
・本書は、令和3年災害手帳の改正点も反映することで、査定官(検査官)の査定業務だけではなく、査定の前提となる、採択用件や査定設計書の作成及び応急工事を含めた災害復旧事例を網羅しています。査定する側だけではなく、申請者にも心強い味方になると確信しています。
令和3年8月

<目次>
1.災害発生から工事完結まで
1-1 災害復旧事業関係法令
1-2 災害発生から工事完結まで
2.災害復旧事業の採択要件及び範囲
2-1 採択要件の基本
2-2 災害復旧事業の対象(公共土木施設)
2-3 災害の要件(異常天然現象の基準)
2-4 適用除外(法第6条・1)
2-5 災害復旧事業の範囲
2-6 応急工事
3.査定設計書の作成
3-1 積み上げによる積算
3-2 総合単価による積算
3-3 査定設計書の添付写真
3-4 災害査定の効率化
4.査定業務
4-1 査定業務の流れ
4-2 実地査定
4-3 机上査定
4-4 決定金額等
4-5 再調査
4-6 査定現場における技術的留意事項
4-7 河川環境の保全に配慮した復旧工法
5.橋梁災害等
5-1 橋梁災の採択
5-2 砂防区域内の準用・普通河川の災害採択
6.改良復旧事業
6-1 改良復旧事業の枠組
6-2 一定災と災害関連事業
7.災害復旧事例
8.財務省立会制度
8-1 立会制度について
8-2 財務検査要綱
9.災害査定の心がまえ
9-1 査定時における検査官の心得
9-2 現場申請主義
9-3 査定官回し
9-4 随行員の役割
-参考資料-

この本を購入した人は下記の本も購入しています


当サイトは、グローバルサインにより認証されています。
お客様が入力される情報はSSLにより暗号化されて送信されますので、第三者にこれらの個人情報を読み取られることはありません。

グローバルサインのシールをクリックしていただくことにより、サーバ証明書の検証も確認できます。