サイトトップ > (図254) 下水道用設計積算要領 管路施設(推進工法)編  2014年版

FAXでのご注文をご希望の方、買い物かごの明細をプリントアウトしご利用いただけます。⇒ フローを見る

(図254) 下水道用設計積算要領 管路施設(推進工法)編  2014年版

(図254) 下水道用設計積算要領 管路施設(推進工法)編  2014年版

発行(売)元:日本下水道協会

価 格  :8,000円(7,407円+税)

コード  :000757254

発行年月 :2014年12月

判 型  :A4判

【在庫あり。2営業日以内に発送】

基本配送手数料390円(沖縄県及び島しょ部等は除く)※インターネット書店「会員」の方も390円頂きます。

主な内容

本要領は、「下水道用設計標準歩掛表」の推進工法に関する事項について、本会に設置した「下水道用設計積算要領編集委員会」にて、設計担当者が活用しやすいよう詳細に解説した実務書です。積算の手順に沿って説明を加えるとともに、「設計者が必要とする資料」という目線に立って、発進及び到達坑口寸法など設計の手助けとなる参考図などを多数取り入れました。主な改定内容は次のとおりです。① 中大口径推進工法では、泥水推進工の坑外作業工の変更、泥濃推進工の日進量や切羽作業工の変更、仮設備工の人員や使用機械の変更を行いました。② 小口径推進工法では、施工例が増加している鋼製さや管ボーリング(一重ケーシング)推進工と取付管ボーリング(一重ケーシング)推進工を新たに追加するとともに、使用例が減少している仮管併用推進工など3工法の削除を行いました。③ 立坑工では、鋼製ケーシング式土留工の編成人員、各工種稼働時間、使用機器などの変更を行いました。

この本を購入した人は下記の本も購入しています


当サイトは、グローバルサインにより認証されています。
お客様が入力される情報はSSLにより暗号化されて送信されますので、第三者にこれらの個人情報を読み取られることはありません。

グローバルサインのシールをクリックしていただくことにより、サーバ証明書の検証も確認できます。