サイトトップ > 歴史のまちのみちづくり ― 歴史的地区におけるまちづくりの理論と実践 ―

FAXでのご注文をご希望の方、買い物かごの明細をプリントアウトしご利用いただけます。⇒ フローを見る

歴史のまちのみちづくり ― 歴史的地区におけるまちづくりの理論と実践 ―

歴史のまちのみちづくり ― 歴史的地区におけるまちづくりの理論と実践 ―

発行(売)元:日本交通計画協会

価 格  :6,291円(5,825円+税)

コード  :000760001

発行年月 :1996年11月

発売予定日:1996年11月30日

判 型  :A4

頁 数  :165

基本配送手数料390円(沖縄県及び島しょ部等は除く)※会員の方は配送手数料無料。

主な内容

歴史のまちのみちづくり ― 歴史的地区におけるまちづくりの理論と実践 ―体 裁 A4判 165ページ 発 行 平成8年11月 監 修 建設省都市局街路課(現 国土交通省 都市・地域整備局街路課) 6,117円(消費税込)  本書は、歴史的街並みや文化財を有する地域における、道路交通環境の諸課題を改善するまちづくりの手法として、昭和57年度より発足した「歴史的地区環境整備街路事業」(現在は「身近なまちづくり支援街路事業」に統合)について、その計画策定から事業化への理論と実践を、各地における具体的事例に基づいて取りまとめたものです。 歴みち事業を中心とした19地区事例を掲載し、各地区の計画や事業実施の工夫と課題、景観への取り組みなど、豊富なカラー写真・図面・資料をわかりやすくビジュアルに収録してあります。 行政担当者、都市計画・街路計画コンサルタントのみならず、景観の研究者、まちづくり・みちづくり研究者、歴史の街並みや郷土のまちづくりに興味のある一般の方にもお薦めの書です。目次構成第I部 歴史を活かしたまちづくり・マニュアル編第1章 歴史的地区におけるまちづくりの課題とあり方第2章 まちづくりの計画立案・事業実施へのプロセス第3章 歴史的地区におけるみちづくり計画の課題とその対応第II部 歴みち事業・事例編[1]  函館市西部地区 : 旧居留地のまちなみ保存と一体となったみちすじ整備 [2]  日光市二社一寺地区 :参道空間にふさわしいみちすじ整備 [3]  足利市ばんな寺周辺地区 :参道整備にあわせた沿道まちなみ景観の形成 [4]  川越市旧城下町 :広域交通体系の見直しによる歴史的まちなみの保全 [5]  八尾町八尾地区 :みちすじと一体となったまちなみ景観整備 [6]  金沢市兼六園周辺地区 :都心部街路網の見直しによる生活幹線の整備 [7]  橿原市今井地区 :旧環濠集落の保存と一体となったみちづくり [8]  尾道市山手地区 :細街路の活用による散策ルート,生活道路の整備 [9]  柳井市古市金屋地区整備 :水運のまち柳井のまちなみ形成 [10] 下関市長府地区 : 地区内街路網の見直しによる歴史的景観の保全とみちすじ整備 [11] 長崎市出島南山手地区 :居留地にふさわしい都市景観の形成 [12] 有田町有田内山地区 :地場産素材の活用による生活空間の整備 [13] 知覧町中央地区 :歴史に囲まれた緑あふれる居住環境づくり [14] 那覇市首里金城地区 :歴史的遺構の復元-歴史的みちすじの整備 【その他の事業による事例】 高岡市八丁道:歴史的参道空間の整備/金沢市東山地区:ひがし茶屋街における修景整備/松本市宮渕新橋上金井線:城周辺の歴史的景観に配慮したみちづくり/伊勢市おはらい町:門前町のまちなみ保全とみちすじの整備/宇治市宇治橋周辺地区:歴史と自然景観に配慮した橋梁整備第III部 歴みち関連・論文集[1] 歴史的地区におけるまちづくり・みちづくりを目指して[2] 歴史的地区におけるまちづくりの課題と方向[3] 歴史的地区におけるまちづくりの方法【参考資料】1.歴史的地区環境整備街路事業の調査及び事業実施地区一覧2.歴みち事業地区におけるアンケート調査結果3.歴史的地区における都市計画関連方策の概要4.伝統的建造物群保存対策調査実施地区一覧5.重要伝統的建造物群保存地区一覧6.文化財保護の仕組み7.歴史的地区における主なまちづくり事業手法

この本を購入した人は下記の本も購入しています


当サイトは、グローバルサインにより認証されています。
お客様が入力される情報はSSLにより暗号化されて送信されますので、第三者にこれらの個人情報を読み取られることはありません。

グローバルサインのシールをクリックしていただくことにより、サーバ証明書の検証も確認できます。