サイトトップ > 98:鋼橋の強度設計の合理化

FAXでのご注文をご希望の方、買い物かごの明細をプリントアウトしご利用いただけます。⇒ フローを見る

98:鋼橋の強度設計の合理化

98:鋼橋の強度設計の合理化

発行(売)元:日本鋼構造協会(テクニカルリポート)

価 格  :5,239円(4,762円+税)

コード  :009004098

発行年月 :2013年03月

判 型  :A4判

基本配送手数料390円(沖縄県及び島しょ部等は除く)※会員の方はインターネット注文に限り配送手数料無料。

主な内容

第1篇 材料 1.はじめに 2.材料試験結果とそのモデル化 3.まとめ第2編 圧縮板 1.はじめに 2.研究方法の概要 3.FEM解析 4.応答曲面法 5.モンテカルロシミュレーションによる統計量の解析 6.基準強度と安全係数第3編 鋼桁の曲げおよびせん断強度 1.はじめに 2.既往の設計強度式 3.有限要素解析概要 4.設計強度式と解析結果の比較 5.耐荷力式の提案 6.SBHS桁のパラメトリック解析および載荷試験 7.まとめ第4編 圧縮部材の強度 1.はじめに 2.実績調査 3.数値解析手法と解析モデル 4.耐荷力特性 5.耐荷力曲線に関する検討 6.SBHS鋼材の安全率 7.まとめ第5編 厚板残留応力と強度 1.はじめに 2.残留応力計測の概要 3.フランジ板幅方向の残留応力計測 4.フランジ板厚方向の残留応力計測 5.極厚鋼板の溶接残留応力が鋼桁の終局曲げ耐力に与える影響 6.まとめ第6編 高力ボルト摩擦接合継手の合理化に関する検討 1.はじめに 2.高力ボルト摩擦接合継手の設計法の現状 3.多列高力ボルト摩擦接合継手の力学的挙動 4.多列高力ボルト摩擦接合継手の設計法 5.今後の課題第7編 SBHSの概要と設計曲線における従来鋼との比較 1.橋梁用高性能鋼SBHSの概要 2.SBHSの道示耐荷力評価式への適用性について

この本を購入した人は下記の本も購入しています


当サイトは、グローバルサインにより認証されています。
お客様が入力される情報はSSLにより暗号化されて送信されますので、第三者にこれらの個人情報を読み取られることはありません。

グローバルサインのシールをクリックしていただくことにより、サーバ証明書の検証も確認できます。