サイトトップ > FRP接着による構造物の補修・補強指針(案) 複合構造シリーズ 09

FAXでのご注文をご希望の方、買い物かごの明細をプリントアウトしご利用いただけます。⇒ フローを見る

FRP接着による構造物の補修・補強指針(案) 複合構造シリーズ 09

FRP接着による構造物の補修・補強指針(案) 複合構造シリーズ 09

著 者  :土木学会複合構造委員会 編

発行(売)元:土木学会

価 格  :3,850円(3,500円+税)

コード  :978-4-8106-0970-7

発行年月 :2018年07月

判 型  :A4判

頁 数  :273

【在庫あり】

基本配送手数料390円(沖縄県及び島しょ部等は除く)※会員の方はインターネット注文に限り配送手数料無料。

主な内容

構造物の補修・補強標準を新たに作成し、並行して作成されているコンクリート委員会のセメント系材料を用いたコンクリート構造物の補修補強指針(案)と本指針の共通の標準と位置付けた。この補修・補強標準は、今後、コンクリート構造物や複合構造物の補修・補強工法に共通の標準ともなることを想定している。 構造物の補修・補強標準を示したこと以外に、今回の指針の特徴を要約すると1.コンクリートのみならず構造物のFRPによる補修・補強の設計・施工方法を示している。2.新しい補強用FRP材料や高伸度弾性樹脂などの諸元をしめした。3.はく離破壊のメカニズムの考え方や補強された部材の耐久性評価を規定した。【主な目次】構造物の補修・補強標準第1章 総則第2章 補修・補強の基本第3章 補修・補強の設計第4章 補修・補強の施工第5章 補修・補強後の維持管理FRP接着による構造物の補修・補強指針(案)第1章 総則第2章 既設構造物の調査第3章 材料第4章 作用第5章 補修・補強の設計第6章 構造解析および応答値の算定第7章 性能照査における前提第8章 安全性に関する照査第9章 使用性に関する照査第10章 復旧性に関する照査第11章 補修・補強の施工第12章 補修・補強の記録・保存第13章 補修・補強後の維持管理

この本を購入した人は下記の本も購入しています


当サイトは、グローバルサインにより認証されています。
お客様が入力される情報はSSLにより暗号化されて送信されますので、第三者にこれらの個人情報を読み取られることはありません。

グローバルサインのシールをクリックしていただくことにより、サーバ証明書の検証も確認できます。